記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDとBlu-rayの画質の違いについて

こんにちは!
最近過ごしやすい気候になってきましたね。

さて、今日はDVDとBlu-rayの画質の違いについてお話しようと思います。
お客様より相談といいますかご指摘でよくあるのが実はDVDの画質についてなんです。

これは様々な反応で、「今までより良くなった。
画質がどうしても悪く感じてしまうのですが…」というお話だったりで。
千差万別です。

お客様ごとに画質を良くしたり悪くしたりなどは無いのですが色々な反応が返ってきます。

ではどうして画質についてご質問が多いのか
それはブラウンTV管時代の規格とハイビジョンテレビ規格の混在だったのです。
今日は分かりやすく簡単に説明します!

DVD規格というのは実はブラウン管テレビ時代に出来た規格
ハイビジョンではなく、ハイビジョンの約1/4サイズブラウン管テレビサイズで出来ています。

SDHDの違い

DVDをハイビジョンテレビで再生するとどうなるかというと
約1/4サイズのものを引き伸ばしてハイビジョンテレビに投影しています。

SDHDの違い2

ですので、TVを良くご覧になる方はDVDを再生して特に違和感を感じざるおえません
TVはハイビジョン規格で投影されてますのでとても鮮明で綺麗な映像となります。
対してDVDは旧規格のブラウン管サイズ。画質に満足「?」となってしまうことも…

ここは本当にビデオ業者の悩ましいところでありまして、
DVDがかなりのシェアを獲得し、未だに一般的であるというところです。
テレビはハイビジョンなのに、旧規格を使い続けなくてはいけないというところでございまして。

正直いうと、画質はDVDの限界まで良くしているのが実際のところでございまして。
これ以上はどこの業者に行ってもなんとも……なんです。

そこで出てきたのがBlu-ray規格

SDHDの違い3

撮影した映像が撮影したまま綺麗に投影されます。
引き伸ばしなどもありません。

全員にお勧めしたいのがBlu-rayなんです。

当社のカメラは全てハイビジョンで撮影されるカメラ
バレエもダンスも発表会もセミナーも全てハイビジョンで撮影しています

ですがDVDですとハイビジョン撮影したものをブラウン管サイズ縮小にして
ハイビジョンテレビに拡大で見る。

正直もったいないなぁ…と感じています。

実際のところブルーレイはデータ量が多く手間はかかりますが
ビデオ業者の心の内は綺麗な映像で見てほしい!と思っています!

ですが実情、ビデオテープがDVDになり、DVDがBlu-rayになり…とめまぐるしいですね…

今まで通りDVDでも納品しています。その際もDVD規格の中でなるべく画質は綺麗にを心がけています。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
ダンス・バレエ・発表会・セミナーのビデオ撮影
全国出張承ります。
ビデオ撮影アカボタンレック
HP:http://akabutton-rec.com/
メール:info@akabutton-rec.com
電話:042-719-3112
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akabutton

Author:akabutton
ダンス・バレエや日本舞踊・ライブ・企業VPなどの撮影を行う会社です。
撮影から編集までトータルに行います。

「神奈川 ビデオ撮影 バレエ ヒップホップ ジャズ 社交ダンス フラダンス タップ フラメンコ ベリーダンス チア 発表会 日本舞踊 演劇 落語 セミナー」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。